2020年4月20日

職員の皆様

代表取締役社長 松本 大

れんげの里 緊急事態宣言

れんげの里は、この度、全国に向けて発令された緊急事態宣言を受け、職員が一丸となってコロナウイルスと戦い、専門職としての誇りを持ち行動していきます。この状況だからこそ職員同士思いやりの心を持ち、自分たちの、そして利用者様、ご家族様の命と生活を守るために勇敢に立ち向かっていきましょう。

れんげの里において、以下を宣言します。

宣言1.れんげの里では、一人も職員をコロナウイルス感染症で死なせません。そして、一人も利用者に感染させません。

宣言2.れんげの里では、絶対に尊厳を損なうような発言、雰囲気を許さず、職員間の差別を発生させません。

宣言3.れんげの里は、通所介護、訪問介護、訪問看護、居宅介護支援により生命やかけがえのない生活を送られている利用者を支え続けます。

これらを実現するために勤務時間だけでなくプライベート時間内の生活についても、以下のことを指示いたします。期間は5月7日までとします。

宣言1.れんげの里では、一人も職員をコロナウイルス感染症で死なせません。そして、一人も利用者に感染させません。

① 職員全員毎日検温を行います。37.5℃以上の発熱やのどの痛み、咳、だるさといった症状だけでなく通常と異なる味覚異常(味や臭いがしない)がある場合は管理者に報告し自宅待機とします。その後、管理者と相談し、必要時医療機関に受診します。

② 一層の自己管理を実施してください。免疫力を高めるために食事や睡眠をしっかりととり、適度な運動も行います。

③ 平日、休日ともにできる限り外出しないでください。(公共交通機関は使用しないようにしてください)必要な生活必需品の買い物と先延ばしできない受診以外はしないでください。

④ 「3密」の状態を極力作りません。会議などは、ZOOMやLINEを活用してください。必要な情報共有は、電話、ワンドライブ、LINE、iBow、などを活用しておこないます。直行直帰、時差出勤、テレワークを推奨します。訪問系サービスは、事務所や施設に立ち寄っても、ケアの実施以外は長時間滞在しないよう配慮します。記録は車中で行い、事務所、施設内での会話は必ずマスクを着用し最小限とします。管理者は、いつでもスタッフからの連絡が受けられ、指揮が取れるようにします。

⑤ 公共交通機関を使用して出勤する職員はマスクを着用し手すりやつり革などへの接触に注意してください。

⑥ ケアマネジャーはできるだけ訪問を中止し、調整業務は電話で行います。

⑦ 担当者会議、退院カンファレンスの参加はできるだけ控えるか滞在時間を最小限とします。また、参加する職員を限定します。

⑧ 在宅の利用者で、感染を疑う利用者やその家族への訪問内容や方法は、管理者と相談し訪問を控えたり訪問時間を短縮したりするなどを判断します。訪問が必要と判断した場合はガウンを着用し利用者、家族にマスク着用を厳守してもらい短時間でケアを実施します。その場合、感染の疑いがなくなるまで限定した職員で対応します。

宣言2.れんげの里では、絶対に尊厳を損なうような発言、雰囲気を許さず、職員間の差別を発生させません。

① 自分自身の体調変化を自覚し、発熱もなく、感染が不明瞭であっても他の職員や利用者の事を考え勇気をもって報告してください。他の職員は休んでくれた職員や訪問を引き受けてカバーしてくれた職員同士お互いに思いやりの気持ちを持ちましょう。

② このような状況だからこそ皆がお互いに協力し合いいたわりあいましょう。人の理性と優しさは、私たちの精神的健康にも重要です。ウイルスに勇敢に立ち向かうときにこの理性が重要な武器になります。

③ 職業倫理に基づき、使命を果たすべき医療、介護、福祉職は人間本来の理想的な判断や思いやり、優しさを根底においた支援でなくてはなりません。そのような私たちが、同僚や地域の仲間に対して差別意識を持つことはあってはならないことです。

宣言3.れんげの里は、通所介護、訪問介護、訪問看護、居宅介護支援により生命やかけがえのない生活を送られている利用者を支え続けます。

① 宣言1、宣言2を遂行できて初めてれんげの里の正常な事業運営が保持でき宣言3を達成することができます。

② 4月20日時点で、れんげの里のサービスは全て通常通り実施します。

③ 職員の中に感染者が出て、入居者への介護サービスが実施できなくなった場合は、出勤可能なスタッフで補いきれない介護、看護サービスは、周辺の事業所にサービス提供を依頼します。

以上、れんげの里における利用者と職員の命と生活を守るために、ここに宣言します。

PDFファイルも作成しました。併せてごらんください。

れんげの里新型コロナウィルス対応マニュアル